elever noriko

教室の出来事の報告はhttp://eleelever.livedoor.blog/ですが、もう少し個人的な何気ないことをこちらに書いていきます♪  村松典子(エルベ・バレエスタジオ主宰)

来年3月に勉強会を行います。

少しずつ、振付を始めています。

今回は、練習期間が半年あるものの、発表会と違い、出来るだけ平日のレッスン時間で準備していくので、計画的にやっていかなくてはと思っています。

振付

子ども達にとって、余裕を持って踊れる振りばかりにすると、作品が単調になっていく。
そうすると、盛り上がりに欠けてしまうのでは
盛り上がった方が、子ども自身が素敵にみえるのではと思うけれど、変化に富んだ振りにしようとすると、子ども達の負担が大きくなったり、例えば足を伸ばしきれないなど、あらがみえてしまうリスクが高まる。

どうしよう…

と、思い、中間をとって、

まず、すご~くシンプルな振りで1曲仕上げてしまおう、

そして、踊り慣れて余裕が出来たら、安全になったら、手直しをしていこう!

…と、思うのですが、、、その過程は、

ガマン、ガマン。。。

自分ながら、つまらない振付だなあ…と心が乱れるのだけれど、、まず子ども達が自信をもって踊れることを確保するのだ!

「私は出来る!」と、子ども達が堂々と踊れるようになってから、、

少しずつチャレンジを入れていく。

その段階までは、自分ながら、面白くない振りと思っても、ガマン、ガマン。。。

段階的に仕上げていきましょう。

子ども達の潜在能力を信じて。











9月に入り、3月に行う「勉強会」という舞台の練習も始まります。

レッスン曜日や年齢でグループ分けしたそれぞれの子ども達のお顔を思い浮かべながら、
何度も音楽を聴いて振り付けていきます。
DSC_0202


グループ分けも、それぞれレッスンに来る曜日も、年齢も経験年数も個性も違うし、音楽も
そんなに都合よくみんな同じ長さで平等(舞台で踊る時間が平等)には出来ていないし、本当に本当に
パズルで、、
迷いましたが、

練習も、教室を借りる時間等々の都合で、みんなにじっくり練習してもらうためにはどうしたらよいのか、、、

色々考えているうちに、

今まで、うちの教室では、少しでも多く身体を動かしてもらうために、ひとつ前のクラスから参加してよいことにしていましたが、最近のメンバーの分布だと、完全に分けて練習したほうが、ひとりひとりみてあげられるように思えてきました。

クラス編成の整理です。

決定するまではいろいろ、教師も生徒も大変ですが、調整していこうと思います。

全員の生徒が、しっかり練習して、自信をもって舞台に出られるように、、

エルベの神様(存在を勝手につくる)、どうぞよろしくお願いします






さがみはらプレバレエコンクールが終わりました。

今回出場の中学生は、ほんとにひとつひとつを正確に積み上げていく子で、
感性もあり、一緒に目指していてほんとに充実感のある女の子です★

酷暑の中、よく頑張ったなあ…
DSC_0193

別の写真は教室ブログ http://blog.livedoor.jp/eleelever/archives/9178832.html


プレコンクールの10日ほど前、ひとつ本番があったのですが、そのときは、限られた
時間の中で本番の1分間に向け「上げて」いくことや、要領よく舞台での練習を行うことに
たどたどしさがあり、教室に帰ってから厳しくも言い、涙していましたが…

よく修正して練れてきました!


経験はほんとに大事で、一回の舞台は何十回の教室での練習にも勝ります。

そして、、

「みる」ことが大事。

舞台ですれ違う沢山のダンサーや出場者の踊りや、舞台裏での過ごし方をみて、空気感を感じることが、ほんとに彼女達を成長させます。

もちろん、客席からよい舞台をみることも大事です。

バレエはもちろん、音楽にしろ、お芝居とかでも、よいものに触れて感動することが、ほんとに大切だと思います。。

なんていうと偉そうだ

でも、伸びてきた子の共通点は何か?と思ったときに、

●よく「みる」子。

●あいさつがしっかり出来る子。

●髪をきちんと結い、きちんとした服装でレッスンする子。    なんですよね。。

↑ 後者のふたつは精神論みたいだけど、実際、理由はわからないけれど、ほんとにどんどんうまくなっていっちゃうんです。。

だから、人としてこんなに未熟な私が、言いながら自分でも恥ずかしいのですが、レッスンの度に、ほんとに偉そうに、子ども達にガミガミ言ってしまうのですよね。。このガミガミ、肌に悪そう、、(私の)

子ども達、すすっと出来るようになってくだされ(´;ω;`)(´∀`*)

そして、たくさんの夢を、叶えてね~









このページのトップヘ